HSES-LMC1

サンプルプログラム

HSES-LMC1では、様々なサンプルプログラムを無料で利用できます。 サンプルプログラムはArduino ライブラリに付属しています。 ここでは、それらのライブラリの中から 興味深いものを選び、 内容、入手方法、インストール方法などを 説明します。

これらのサンプルプログラムは, HSES-LMC1活用のヒントになりますし、 ソースプログラムも公開されており 様々なライブラリの使い方がわかりますので ご活用ください。

hello

概要

  • HSES-LMC1のプログラミングの基本を学ぶためのサンプルプログラム
  • LEDの色表示が正しいことの確認にしようできる。

入手先

Arduino-IDEのメニューで ファイル → スケッチの例 → Humblesoft_LedMat → hello

インストール方法

Arduino IDEのメニューで スケッチ → マイコンボードに書き込む


digital_clock : デジタル時計

概要

  • ntp(ネットワーク タイム プロトコル)でネット上のタイムサーバと同意するデジタル・クロック

入手先

Arduino-IDEのメニューで ファイル → スケッチの例 → Humblesoft_LedMat → digital_clock

インストール方法

  • conf.h-sample をコピーし conf.h というファイルを作る。
  • conf.h内のWIFIのSSIDとパスワードをお使いの環境のものに変更する。
  • Arduino IDEのメニューで スケッチ → マイコンボードに書き込む


rss_disp : ニュース表示

概要

  • 登録したサイトから更新情報(RSS)を取得し表示するプログラですム。
  • ニュースの電光掲示板のように使用できます。
  • 日本語の表示、スクロール機能のサンプル

入手先

Arduino-IDEのメニューで ファイル → スケッチの例 → Humblesoft_LedMat → rss_disp

インストール方法

  • conf.h-sample をコピーし conf.h というファイルを作る。
  • conf.h内のWIFIのSSIDとパスワードをお使いの環境のものに変更する。
  • Arduino IDEのメニューで スケッチ → マイコンボードに書き込む

表示するサイトを変更する方法

  • rss_disp.inoの37行から始まるサイトのURLを変更して下さい。
  • https: から始まるRSSのURLには対応していません。
  • Ardunoでシリアルモニターを開いて動作させると、 どのサイトからいくつの記事をダウンロードしたか表示されます。 指定したURLが間違っていないか、記事がダウンロードされているか 確認するのに便利です。


商品の仕様、デザイン、価格は予告なく変更されることがあります。