HSRP-FANB ラズベリーパイ・ファン基板

販売価格 432円(税込)
WebShopにて 販売中です。

概要

Raspberry Pi用FAN固定基板。
25mm角 5VのDCファンを取り付け、 Raspberry Piの冷却に使用できます。

写真

実装可能な機能

  • DCファン

    CPU等の冷却に使用します。

    使用部品: 25mm角 5VのDCファン, M2.6 x 15 のネジ + ナット2組

  • DCファンのOn/Off

    小型のFETでDCファンのOn/Offを行います。 CPUの温度が高いときだけファンを動作させる、 シャットダウン後にファンを停止させるなどの動作が可能です。

    使用部品: 小型FET 2N7000, ダイオード 1S4

  • シリアル・コンソール

    USBシリアルアダプタ等を使用し、 Raspberry Piとシリアル回線を介して 通信します。 Raspberry Piにディスプレイやキーボードを接続しなくても 使用できるので便利です。

    使用部品: ピンヘッダ 6P, ピンヘッダ 40P(こちらから切り出してもOK)

  • I2C接続OLED

    0.96インチ、128x64dot I2C接続のOLEDディスプレイを接続できます。 Raspberry Pi用のライブラリも各種ネット上で公開されています。

    使用部品: OLED, ピンソケット 4P, 分割ロングピンソケット 42P(こちらから切り出しても可)

  • RTC

    RTC(リアルタイムクロック)DS1307を実装できます。 ネットワーク経由で時刻情報が取得できない環境でも Raspberry Piの時計を合わせることができます。

    使用部品: DS1307, 水晶発振子 32.768kHz, 電池ホルダF, 電池, ICソケット 8P

  • 押しボタンスイッチ

    4個のタクトスイッチが取り付け可能です。

    使用部品: タクトスイッチ ( , , , , , ) お好みの色をお選びください。

  • I2C-Groveコネクタ

    Groveシステムの4ピンコネクタを実装できます。 Raspberry PiのI2C端子と接続されています。 Groveシステム準拠の市販のセンサーやケーブルが 使用可能になります。

    使用部品: GROVEコネクタ(10個入りパック)

  • その他

    自由に使用できる 2.54mmピッチの穴が 若干有りますので、ちょっとした部品、 コネクタ等を取り付けて使用することができます。

基本的に必要なもの

あった方が良さそうなもの

  • スペーサ

    2x20のピンソケットだけでファンが載った基板を保持するのは 若干無理があるので、スペーサ等を使用すると良いでしょう。 Rasberry-Piで使用可能なスペーサのサイズは M2.6かM2.5になります。 ピンヘッダとピンソケットの嵌合高は11mmですので、 11mmのスペーサを使用するとぴったりです。 Raspberry Pi側で、このスペーサの固定を オス/メスタイプのスペーサで行うと、 基板の足になり、適当な高さでRaspberry Piを浮かすことができます。 この高さは自由ですが、下の部品では5mmのものを例として挙げました。

    使用部品: スペーサ (M2.6 x 11, 両メス) , スペーサ (M2.6 x 5, オス-メス) , セットネジ(M2.6 x 5)

使用説明書

技術情報

商品の仕様、デザイン、価格は予告なく変更されることがあります。